脱、3日坊主!ゴール機能(Googleカレンダー)を使いこなして習慣化

こんにちは、Ragです。

皆さんは、習慣化したいことってないでしょうか?

私は、基本的に計画を立てるのが大好きで、そこで満足してしまうタイプなので、いろいろなことに手を出しますが、結構3日坊主で継続できていないことが多いです。

計画をして、Asanaやリマインダー(Googleカレンダー)でタスクをリピート登録するところまで行う。いつもここまでは、非常にスムーズです。

が、いざ実行というとついつい先送りして、気づいた時には、もう何日もやらずに時が経ち、結局何も成し遂げないまま、タスクを削除して終わり。(デジタルなサービスは先送りするのも楽なので…)

そんな私に必要なのが実行してから習慣化するのを支援してくれるツールだったのですが、それな願望を満たしてくれるサービスがGoogleカレンダーの『ゴール』です。

■Googleカレンダーのゴール機能でできること

『ゴール』は、スマホやタブレットのGoogleカレンダーアプリで使える機能で、やりたいことを登録するとGoogleカレンダーが自動で最適なタイミングを見つけてGoogleカレンダーに登録してくれるというものです。

※なぜか、PCからは作成することはできませんが、あらかじめ作成されているゴールは、予定という形で表示(同期)されているので、修正変更することはできます。

ゴールを利用する最大のメリットがリスケ機能です。

事前にゴールで実施する予定が登録されていた時間帯に別の予定が入ると、自動で空いている時間を見つけてリスケしてくれるというもので、本当に便利です。

この機能があるため、後でやろうという頭の中でのやりくりを無くし、実施タイミングを可視化するので、『先送りして忘れる』を防いでくれます。

また、実施(完了)したことをカウントし、可視化してくれるので、『達成感を感じる』ことができます。

この達成感を感じるは、非常に重要な要素で、継続するモチベーションを維持してくれるのに一役買ってくれます。

■ゴールの活用法・ゴールでできること

『ゴール』の登録方法は以下のような流れになります。

スマホ/タブレットのGoogleカレンダーを開き、右下の「+」マークを押し「ゴール」をタップすると、以下のようなメニューがでてくる。


このメニューの中にやりたいことがあれば、選べばOKですが、ない場合は、カスタムから自分の好きなタスクを作ることも可能となっています。

ゴールを選択した後は、『頻度』、『所要時間』、『都合の良い時間帯』を選択すると空き時間を自動調整して登録してくれます。

上記のように、流れに沿って登録していくだけなので、ゴールを作成するのは、非常に簡単です。一度登録したスケジュールも変更などが発生した場合は、一括で修正・削除できますので、メンテナンスも簡単です。

■まとめ

現在は、自分の定着化させたい習慣として『瞑想』、息子用として『漢字勉強』の2つを登録しています。

先ほど説明も書きましたが、実施したことが可視化されていくので、少しずつですが、定着しつつあります。

これは私だけでなく、息子にも効果があるようで、ちょっとずつやる機会が増えてきました。後は、言われなくてもやれるようになってほしいですが、まずは自分がちゃんとできるようになってからかもしれません。笑

それではまた、Ragでした。

1 thought on “脱、3日坊主!ゴール機能(Googleカレンダー)を使いこなして習慣化

Comments are closed.