Instaganttの使い方

■Asana専用ガントチャートツール

こんにちは、Ragです。

AsanaとInstaganttの連携が完了したら、Instaganttの機能を理解して、使い倒して頂きたいと思います。
今回は、Instaganttの使い方をご説明していきたいと思います。

■タスクマネジメントのコツは、ガントチャートにあり

Instaganttの優れた機能は、一覧性にあると思っています。
以前SimpleMindにてマインドマップでひらめきを広げていくことをご説明しましたが、慣れてくるとタスクを分解していく流れではInstaganttの方が優れていると思います。

Instaganttでのメインに使う機能としては、まずサブタスクの追加です。
全体感を把握しながら、サブタスクを直接追加していくこと可能です。
下の画像の『+』にサブタスクを入力し、Enterを押すことで追加されていきます。

追加したサブタスクを選択するとまたタスクの詳細が画面が自動で表示されますので、タスクの担当者や開始日と終了日などを入力していくことができます。

またタスクの親子関係も変更できるので、タスクの組み換えや順序などを変更することが可能となっています。

このように『サブタスク追加』→『担当アサイン』→『日程調整』→『親子関係変更』という流れを繰り返すことによって、大きなタスクから小さく粒度をきめ細かくしていくことによってやるべきタスクを明確にし、全体感を把握することに非常に役立つと思います。

■まとめ

マインドマップで進捗管理し、完了をチェックしていくというのは、時間軸の概念が必要になってくると思うので、やはりガントチャートでの管理が必要だと思います。

それではまた、Ragでした。